• ホーム
  • ED治療薬は通販サイトから購入するのがお得

ED治療薬は通販サイトから購入するのがお得

近年EDで悩む人はますます増えており、その数は推定2000万人といわれるなど国民病といってよいレベルに達しています。
そのような中、ED治療薬の助けをかりて快適な性生活を取り戻している方も大勢います。
世界一有名な「バイアグラ」や、その改良版として高い効果が期待できる「レビトラ」、さらにED治療薬としては世界シェア1位を獲得するほどの人気となっている「シアリス」。
これらは三大ED治療薬として世界中で愛飲されています。

「バイアグラ、レビトラ、シアリス」は、処方箋が必要となる医薬品であるため、病院・専門クリニックの診断を受けたうえでなければ購入できません。
薬自体が高価なこともありますが、加えて診察料や病院への交通費等を含めると多くの費用が掛かるため、少しでも安く購入できないかと考えることもあるかと思います。
そこで病院・クリニックを介さずに安く購入する方法として個人輸入があります。

個人輸入には数々のメリットがあります。
最もうれしいのが、薬が安く手に入ること。
流通過程において仲介業者が入ることがないためコストの上乗せがなく、国内販売されているものと同じ製品でもより安い価格で購入が可能です。
また通院や、それに付帯する手間や費用がかからないのも魅力です。
とくに地方などにお住まいで通院に長い時間、多額の交通費が掛かる方にとっては、より魅力的かと思います。
また診察を受ける必要がないため、恥ずかしい思いをしなくて済むという精神的なメリットもあります。

個人輸入は無制限に認められているわけではないため、注意が必要です。
個人輸入自体に違法性はありませんが、一定の制限「個人が自身で使用するため」を超えた場合には違法となります。
個人が自分のために購入する必要があるため、友達に頼まれて購入することは違法です。
また輸入品を誰かに販売することはもちろん、知り合いにプレゼントすることも違法となります。
「すべて自分で使い切る」以外は違法になるということです。

偽物の医薬品を扱う通販サイトが存在している

個人輸入を行う場合、海外の通販サイトから直接購入することもできますが、サイトとのやり取りはすべて現地語で行う必要があります。
このような手間がかかるため国内の個人輸入代行業者を利用するのが一般的となっています。
すべて日本語でやり取りできるため国内通販サイトを利用しているのと同じ感覚で取引を行えます。
ただし気を付けたいのが代行業者の中には、「偽物・偽造品」を扱っている業者が紛れ込んでいるという点です。

ED治療薬の販売を手掛ける国内製薬会社が合同で行った調査によれば、ネット経由で購入したED治療薬の50%以上が偽物・偽造品であったと判明しています。
偽物・偽造品は有効成分が正しく含まれていない、逆に正規品とまったく関係のない成分が含まれている、製造過程が極めて不衛生な環境なことが多いなど、どんな健康被害が出てもおかしくないものです。
そのため偽物・偽造品を扱う業者は絶対に避ける必要があります。

幸い、安全な個人輸入代行業者を見つけることは難しいことではなく、いくつかのポイントを見ることで比較的容易に判別が可能です。
まず大切なのが販売実績をみることです。
運営期間の長さに比例して安全性が高い業者であることは間違いありません。
また成分鑑定書が掲載されているかも大切です。
優良な業者では定期的に第三者機関に輸入品の成分鑑定を依頼しており、その結果をサイト上に掲載しています。
さらに極端に安い価格の業者を避けることが大事です。
安いものにはそれなりの理由があります。
いくつかのサイトを比較すれば、どの程度が極端な価格は簡単に見分けることができるでしょう。
これらポイントを見た上で口コミなどを参考にして、正規品を扱う安全な業者を選びましょう。
個人輸入にはデメリットもありますが、それを補う多くのメリットがありますので、有効活用していただければと思います。