• ホーム
  • 不感症の原因・症状・改善方法について

不感症の原因・症状・改善方法について

女性に多い不感症ですが、その原因は精神的なものと身体的なものとに分けることが可能です。
精神的なものは、心理的な側面に起因するものであり、女性に多い原因としては性行為をすることを快く思わないというものがあります。
恥ずかしさや相手に対する不安などがあり、他にも罪悪感・嫌悪感・背徳感といったものが関係します。
もっとも性行為に関してストレスや緊張、コンプレックスを感じてしまうことが不感症の原因に繋がることも多いです。

それ以外の身体的なものについては、女性特有の病気でもある冷え症や生理不順、出産などを原因とし、こうした身体的な体調不良がそのまま不感症に繋がります。
特に冷え症などは体自体の血行が良くない症状にあるといえ、血行が不順であると感度が鈍い状態になり、なかなか快感を得にくくなります。
もちろん精神的なものと身体的なものが二つ合わさった複合的な原因から来ることもあります。
他の原因には、病気などの影響、服用している薬剤などの影響により不感症になるケースも多く、病気が治ったり、薬の服用を止めると元通りに戻る場合もあります。

不感症は性行為で気持ちが良いと感じない状態にあり、最終的には性行為をすること自体が苦痛となってしまうことです。
女性が性行為で快感を得ると女性器が濡れやすい状態になりますが、快感自体を得ることができない状態にあるため、男性器の挿入で痛みなどを感じてしまうこととなります。

こうした不感症を改善する方法としては、精神的なものが原因であるなら男性とのスキンシップによって克服することができる場合があります。
身体的なものを原因とする場合は、通販の個人輸入でも入手することができる女性用バイアグラを服用するなどすれば、それによって克服できるケースもあります。
ただ女性用バイアグラで不感症が必ず改善されるかと言われると、必ずしも効果があるわけではないため、過信をすることは禁物です。
不感症の方が試しに服用してみて、その効果が出た場合には定期的に使用をしてみると良いかもしれません。

不感症の改善方法は治療薬で?

女性の不感症を改善させる方法では、個人輸入の通販サイトで販売され入手できるラブグラを使用してみる方法が存在します。
男性の場合であればED治療薬のバイアグラが存在しますが、同じ様に性行為前に服用することで使用できる女性用バイアグラとして、ラブグラは支持されています。

不感症の原因は、女性の自分の体に対するコンプレックス、精神的な嫌悪感などの精神的なものと冷え症・血行不良などの身体的なものがありますが、どちらでも有効です。
女性の欲求や快感の絶頂状態を得やすくするために効果的で、不感症の治療薬としても働いてくれます。

ラブグラを服用した場合の身体的にあらわれる特徴としては膣内の潤いが増し、外陰の充血を増すということがあります。
それによって、快感を得やすい状態になるのです。
男性用のバイアグラと同じ成分から出来ているため、安心して服用することが可能です。
ラブグラは海外の個人輸入の通販サイトで扱っており、それを利用すれば国内でも安価で入手ができます。

不感症の改善には、まず原因を探ることがポイントとなりますが、原因によっては女性用バイアグラでも効果が得られないケースもあります。
また血管の拡張により血行を良くする働きをもたらしますが、頭痛や動悸などの副作用も存在します。
従ってラブグラを多用することは控え、試しに効果があるかで服用し、効果があれば定期的に活用していくという使い方が優れています。

また不感症の一時的な改善方法で用いると良いでしょう。
不感症になるかどうかは女性の体調状態によって違いが生じますので、体調によって服用するかどうかを決めていくと良いです。
ラブグラは不感症の症状によっては有効的に作用する場合もありますので、パートナーとの性行為前のタイミングなどで計画的な利用に適しています。