• ホーム
  • レビトラのジェネリックは安全?効果は期待できる?

レビトラのジェネリックは安全?効果は期待できる?

レビトラにはバリフやレビスマ、ジェビトラなどインド製のジェネリック医薬品が存在します。
これらはいずれもインドで扱われているジェネリック医薬品であり、インドでは製法特許が認められていますが、成分特許は認められていません。
同じ有効成分を含む医薬品でも、製法を変更すれば自由に製造できます。
ジェネリック医薬品にはレビトラと同じ有効成分が含まれているので、効果や副作用、持続時間などは同様です。

正規に製造されてるレビトラには5mgと10mg、20mgの錠剤が存在します。
病院では主に効果が強い10mgや20mgを使用してED治療が行われています。
1錠あたりの価格は、10mgが約1500円で20mgは約1800円です。
インド製ジェネリック医薬品のバリフは20mgの錠剤が1錠あたり約200円で購入できます。
レビスマには20mgの錠剤と、早漏を改善する成分が含まれたタイプの2種類が存在します。
前者は1錠あたり約450円で、後者は約500円です。

ジェビトラには20mgと40mg、60mgの錠剤があります。
1錠あたりの価格は20mgが約230円で40mgは約290円、60mgは約360円です。
インド製のジェネリック医薬品は非常に価格が安いので、ED治療の費用を大幅に下げることができます。
バリフやレビスマ、ジェビトラなどは日本国内で未承認とされているため、使用するには個人輸入手続が必要です。
インターネット上には、個人輸入手続を代行する通販サイトが多数存在します。

未承認の医薬品を海外から輸入し販売することは、法律で禁止されています。
しかし個人的に使用することを目的として輸入する場合は合法です。
また通販サイトによる個人輸入手続の代行も合法とされます。
レビトラとジェネリック医薬品は世界的にも人気のある医薬品です。
中国などで製造された偽物も多数流通しているので、個人輸入する場合には信頼できる通販サイトを選ぶ必要があります。

レビトラのジェネリックには偽物が混ざっている

レビトラには主にインドで製造された様々なジェネリック医薬品が存在します。
インド製ジェネリック医薬品は、製薬会社がインド政府から承認を受けて製造しているので安全性が優れています。
しかし中国などで製造された偽物も存在します。
偽物はレビトラと同じ有効成分が含まれておらず、効果がない場合があります。
また正体不明の成分が含まれていて健康被害を生じることも考えられます。
さらに劣悪な衛生環境で製造されている場合もあるので、服用するのは危険です。

レビトラやジェネリック医薬品の偽物を服用すると、効果がないだけでなく副作用が強くなる可能性もあります。
病院でレビトラの処方を受ければ偽物を掴む心配はありません。
しかし病院でのED治療は自由診療とされており費用がかかります。
レビトラやインド製ジェネリック医薬品を個人輸入すれば、大幅に費用を抑えることができます。
偽物を避けるためには、信頼性の高い通販サイト選びが重要になります。

通販サイトの信頼性を判断する上でまず重要となるのは価格です。
中国で製造されている偽物は、極端に安い価格で販売されている場合があります。
他のサイトと比較して価格が安すぎる場合は、偽物の可能性が高いので避けた方が賢明です。
多くの通販サイトでは利用者からの口コミ投稿を受け付けています。
他の利用者からの評価は、通販サイトの信頼性を判断するための重要な基準となります。

日本国内で通販サイトを運営するためには特定商取引法による表示が必要です。
事業者名や所在地、責任者、連絡先、支払い方法などの明記が義務付けられています。
特定商取引法による表示がしっかり行われているかどうかも、通販サイトの信頼性を判断する上で重要です。
インド製のジェネリック医薬品は、価格が安く安全性も優れています。
海外から医薬品の個人輸入をする場合には、通販サイトの信頼性を十分確認することが必要です。